食いしん坊でいたずらなうさぎたち。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
書いておきたかったこと
2007-05-12 Sat 02:29
私のひとりごとのようなものです。
さわやかな5月。
暑くもなく寒くもない今日この頃、
午後6時になってもまだ明るいのが私好みです。
そして、5月。
先代、うー太郎がお月様へ移住して、もうすぐ二年です。

今年に入り、知り合いのうささんが8羽もお月様へ。
こんなことってあるの?
とても悲しいです。
うー太郎が私の元を離れた日のことが頭に浮かんできます。

うー太郎が地球を離れたのは4歳のときでした。
3歳を越えた頃から、換毛期になると食欲不振になり、
1ヶ月間、病院で点滴をうけたこともあります。

その年、換毛期も過ぎ、そんなに体調も悪くなかったのですが、
5月の初めぐらいから、食欲が落ち始めました。
もう何回も経験しているので、その時も病院へ行けば
すぐ回復すると思ってました。
ところが、いつもなら病院で注射をするとすぐによくなるのですが、
さほど変わりはありませんでした。
朝、食欲がなかったので病院へ行こうと決めましたが、
いつもの病院は夕方5時から。
昼間も開いている病院を探し連れて行きました。
そして、その日から1週間毎日、注射をしに通いました。
一時は食欲もでてきたのですが、
ある朝、いつものようにケージを開けるとふらふらになりながら
出てきました。
あきらかにいつもと違う様子に驚き、
以前から通っていた病院へ朝一番に連れて行きました。

受付で症状を話すと、すぐ預かりますとのこと。
その後、先生に呼ばれ、脱水症状を起こしているから点滴をしていること、
腎臓の数値がかなり悪いことを聞かされました。
また、かなりよくない状態なので入院させた方がよいといわれました。
それから15分ぐらいして、再度、呼ばれました。
「心臓が止まりました。今、蘇生をしているところです」。
処置室のような所にはいると、酸素マスクをつけたうー太郎に
先生が一生懸命心臓マッサージをしてくださっていました。
でも、うー太郎の意識は全くありません。
その状況をみているうちに涙があふれてきました。
30分ほど、心臓マッサージや処置をしていただきましたが、
うー太郎は二度と目覚めませんでした。

からだをきれいに拭いてもらい、箱の中にお花とともに
入っていたうー太郎を、泣きながら家に連れて帰りました。
何もわからないはずなのに、らら美が近くにやってきました。
生後3ヶ月を過ぎたるる太とうっ子も見ています。
その日は布団の横にうー太郎を置き、
最後の夜を過ごしました。

小さな骨壺に入ったうー太郎。
彼の奥さん・らら美と、子供達・るる太とうっ子の存在は
私にとって大きな支えでした。
でも、1ヶ月間、時間の概念がなくなり、
気がつけば1週間、10日経っているという感じでした。

あれから二年。
あの日の悲しみは心の奥底に沈んでいます。
でも、ふとした時に顔を覗かせます。
さよならをする悲しみ
二度と会えない苦しみ
そして、失う恐怖

多分、これから先もこの思いはなくならないと思います。
でも、その思いより
一緒に生活する楽しさ、喜びの方が大きいような気がします。

私のいつも思っていること、
それは、人間プラスマイナスゼロ。
一緒に暮らさなければ悲しみもないけれど、喜びもありません。
一緒に暮らすことによって喜びがあり、別れの悲しみがあります。
どっちがいいとか、そういうのではなく、
どっちを選ぶか、
私は一緒に暮らすことを選びました。

だから、ただひとつ、
みんな元気でいようね。
我が家の4羽にいつも言ってる言葉です。




別窓 | うさぎの話 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
<<4羽4色 | みみ~ずだより | 安らかに・・・>>
この記事のコメント
自分より先に逝ってしまうのは辛い事実ですよね。
とても大切にしている大事な大事なうさちゃんがいなくなる事は想像もしたくありません。
でも、一緒にいる喜びや温かさの方が圧倒的に大きいですよね・・。
自分もいつかは迎えるだろうその日を耐えられるだろうか?と考えてしまいます。
もう会えない、触れない、見えない。

ミミラさんはその辛さを知っていながら、選んだ事は一緒に暮らす事ですよね。
私もそうです。
辛い思いより楽しい想い出の方が絶対大きいですから・・・。

生きている限り死は必ずあるもので、乗り越えなければならない事でもありますよね。
なので、一緒に暮らしていく!と決めたからにはうさちゃんには全力で幸せになって欲しいな・・・と思ってます。

・・・?変テコな文章になってしまいましたが、そんな感じです(笑)
2007-05-12 Sat 10:30 | URL | うさキック #-[ 内容変更]
★カキコ御礼
♪うさキックさま
別れって何度経験しても辛いですよね。
でも生あるもの同士、必ず経験しなきゃいけないことなんですものね。
私もみみ~ずにすてきな兎生を送ってもらいたいです。
2007-05-13 Sun 09:34 | URL | ミミラ #NAijnZeA[ 内容変更]
私もニワトリ、白文鳥、紅すずめ、ハムスター、犬などを飼い、お別れをしてきました。
子供の頃のことでも時々急に思い出して
胸が苦しくなり、悲しみでいっぱいになります。
でもそれと同じくらい鮮明に、
初めてうちに迎えた日のこと、
かわいい赤ちゃんだった頃を思い出します。
別れは悲しく、二度と味わいたくないですが、
それ以上に出会って一緒に過ごした幸せな時間がとても尊く、愛おしく思えるんじゃないかと、
私は思います。
私達の命も限りがありますが、
だからこそ、それまでは、元気で心豊かに
過ごしたいですね♪
2007-05-13 Sun 21:16 | URL | みみたれしましま #-[ 内容変更]
★カキコ御礼
♪みみたれしましまさま
私も小さい頃から犬・猫・インコなどと一緒に
暮らし、お別れも経験してきました。
そのたびに悲しい思いをして、
私の場合、恐怖のような感じが強くなってきています。
でも、やっぱり可愛さ、愛しさにはかないません。
ずっと一緒です。
2007-05-13 Sun 23:33 | URL | ミミラ #NAijnZeA[ 内容変更]
うー太郎くん
うー太郎くんとのお別れの事を読んで、うーたの事と重ね合わせて、じ~んとしてました。

たしかにお別れは辛かったけど、愛しさや可愛いって思う気持はずっと同じですよね、大切に思っていた分失った時の気持は、辛すぎて自分がどうやってこれから生きていけばいいんだろう・・・とか考えたり・・・。

何年経ってもふとした時にどっしりとあの時の光景が蘇ってきて、ぐんと落ち込むと思います。

私はうーたが元気だったころからいつかはその日が来る、覚悟はしとかないとって思ってました、周りからも私を心配して助言してくれる人もいましたし。
でも、どんなに覚悟に近いような気持を持つようにしててもやっぱり、その日が来るとダメでした。

らら美ちゃんたちは何か感じ取ったのでしょうか、なんとなく雰囲気で伝わったのかもしれませんね、優しい子たちです。
悲しいけど、大きな支えになってくれましたよね^^

私はミミラさんをはじめ、うさともさんに支えていただいて、復活できました^^  そしてうーたへの想いがかわらない事を再認識しました。

最近はうさともさんちのうさぎさんを見て癒されてます^^ 
いつか環境が整ったらうーたの弟分を迎えたいって思うようになりました、何年先かは?ですが^^;

うー太郎くんの可愛い家族、そしてマゼちゃまを遠くからですが見守っています、たくさん幸せが訪れますようにって^^ 
4うさちゃんの元気な姿を見ると私も嬉しくなります^^

うー太郎く~ん、うーたと仲良くね^^

2007-05-13 Sun 23:53 | URL | アーノルド #sj93pB3o[ 内容変更]
★カキコ御礼
♪アーノルドさま
うー太郎がいた時は、ブログもHPもやっていませんでした。
あの時の悲しいけど、大事なことを書いておきたいとずっと思ってたんです。
でも、今も昨日のことのように覚えているんですよね。多分、これから先もそうだろうな・・・。
うーたくんの弟君、いつ登場されるのでしょう。きっと、うーたくんがお月様からうさパシーで
アーノルド家の秘密をいろいろ教えてくれるんでしょうね。

2007-05-14 Mon 17:28 | URL | ミミラ #NAijnZeA[ 内容変更]
お別れ
いつか来るお別れ。
小さい子とのお別れはとくべつに辛いものです。
私も先代とのお別れを4年前に経験しました。
あの引き裂かれるような苦しみは今でもはっきり覚えています。
でも、又うさぎを飼い始めました。^^
もう、うさぎの居ない生活が考えられなくなったのです。
一緒に居られる幸せは何ものにも変えがたいものがありますよね。

2007-05-14 Mon 20:35 | URL | こむぎママ #uCwprx96[ 内容変更]
★カキコ御礼
♪こむぎママさま
別れは辛いですね。
私も先代の最後の時のことは、昨日のように鮮明に覚えています。
うちの場合は、その時、すでにらら美やるる太、うっ子がいたのですが、4羽になれていたので・・。
実はマゼ村さんを迎えたのも、それが理由の一つなんです。
2007-05-15 Tue 09:41 | URL | ミミラ #NAijnZeA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| みみ~ずだより |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。