食いしん坊でいたずらなうさぎたち。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
笑説 うの屋 番外編
2006-08-04 Fri 02:18
「さあ、皆さん、今日も笑顔で元気よく!」
「朝っぱらから元気ね~、店長」
「しっ、聞こえますよ、らら美さん」
「あら、いいじゃない。別に」
「・・・ということになりましたので、皆さんよろしくお願いします」
「えっ!らら美さん、店長何ていったんですか?」
「私が聞いてるわけないじゃない」
「うっ子ちゃん、来月から始まる1周年記念のアイデアを募集するんだってさ」
「あー、そうなんですか。だったら、私関係ないわ。あっ、ありがとうございました、るる太さん・・・」
うっ子が礼を言っている間にすでにるる太の姿は消えていた。

「あら~今日のダイコン葉みずみずしいわね。おいしそう~」
「そうでしょう。寿々さん。こんないいい葉っぱなかなか手に入れにくいんですよ。でもさすがね。お目が高いわ」
「あら、そんなこと・・・。でも、私、お野菜にはかなりうるさくてよ」
「いつもありがとうございます」
「あら、マゼ店長。今日はどうしたの。スーツなんか着て」
「いえ、午後から出張なんですよ。」
「そうなの。大変ね~。じゃあ~」
「いつ見ても美しくてお上品なうさですね。寿々さんって」
「あら私も、昔はあーだったのよ」
「えー!!らら美さんが」
「そうよ。でも今じゃ毎日毎日子育てに、ここのパートでしょう。もう大変なんだから」
と、らら美がグチをこぼしている時、
「すみません。冷え冷えマットはどこですか?」と尋ねる声。
「あら、のえちゃんにあんちゃん
「あっ、うっ子ちゃん。もう、どんどん暑くなってきてたまんないよ。ママに言ったら、すぐ買ってこいってさ」
「いいわね~。2うさとも。優しいママで」
「うん。でも、あんまりいたずらが過ぎると怒られちゃうけどね。」
「当たり前よ。でも、それもあなたたちがかわいいからよ」
「僕たちのマットだけど、ママが暑そうにしていたら、貸してあげるんだ」
「まあ、なんていい子達。感動しちゃったわ。ほら、店長が見てないから、50%引きよ」
「そ、そんな・・・らら美さん。いいんですか」
「いいことないに決まってるじゃないの。だから、こっそりよ」
「えーでも・・」
「もう、何ぐずぐずしてんのよ。早く」
「いつもごひいきにいていただいて・・」
「あっ店長!」
「ありがとうございました。またどうぞ」
「あ、ありがとう」
あんちゃんのえちゃんは帰っていった。

「すみません。キャベツはどこですか?」
「キャベツなら、一番左のところです」
しばらくすると、キャベツをかごいっぱいに入れた
男がレジにやってきた。
「お客さん。そんなにキャベツが好きなんですか?あんまり食べるとお腹を壊しちゃいますよ」
「あははは・・いえ僕が食べるんじゃありませんよ。友達に頼まれてね」
「?」
「僕、今、月に住んでるんです。そこで知り合った僕と同じ名前のうー太郎っていうのがお好み焼屋をしてるんですよ。で、たまたま僕が地球へ行くっていったら、キャベツを買ってきてくれっていわれて・・・」
「あっ、うーたろうさん!お久しぶりです」
「るる太くん!なんだ、ここで働いてたの」
「ええ、ここ店はちっちゃいけど、旅館とか喫茶チェーンとか多角経営なんです」
「あら、多角経営なんて言葉よく知ってたわね。珍しい」
「らら美さんったら。ねえ、るる太さん」
「ところで、そのお好み焼き屋さん、おいしいの」
「なんせ、本場・大阪うさぎが焼いてますからね」
「あら、食べてみたいわ~」
「僕も」
「私もちょっとだけでいいので・・・」
「あら、店長いつからいたの?ちっちゃくて見えなかったわ」
「それは、うっ子ちゃんの大きなからだの影に隠れてたからね」
「もう、店長ったら。訴えますよ。ブーブー」
「ほら、レディが鼻を鳴らさない」
「でも、ここの野菜みずみずしいですね。今度母に教えてあげよう」
「それはそれは。どうも」
「ところで、うーたろうさんはお好み焼きって作れるの?」
「いえ、まだ修行中の身で・・・おいしいのが焼けるようになったら、おかーしゃん、あっ、母にプレゼントしようと思ってるんです」
「まあ、なんて親孝行なんでしょう。もうキャベツはタダよ!」
「ち・ちょっと、店長もいるのよ」
「いやあ、キャベツと言わず他の物も持ってってください」
「店長!!」

こんなうさばかりなので、スーパー・うの屋は赤字経営からの脱却ができないのであった。
別窓 | 笑説 うの屋 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<近所迷惑? | みみ~ずだより | えーい!盆踊りネタだ~>>
この記事のコメント
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
うちのコ達が登場してる♪♪
しかも、なんて親孝行なコ達なのでしょう(*゜ー゜*)
ニヤニヤしながら読みました。
2006-08-04 Fri 14:44 | URL | 笑華 #q7XswXQk[ 内容変更]
感激~!
おっ うの屋 だってふむふむ・・・って読んでいると目に入ってきた文字・・・うーたろう! えぇ?ってびっくり・喜びで読みました。

笑えたし、なぜか嬉し涙が・・・悲しくてじゃなくてそこにうーたがいるように思えて。
それに成長した(青年になった)息子を見ているようで嬉しかったです、私にとってはまだまだ小さな男の子だったので、なんだかお兄ちゃんになったうーたをみた気がして本当に嬉しかったです。

すごく笑ったのがおかーしゃん(爆)あるあるきっとありそ~とか思いながら笑ってしまいました、あとマゼ店長がスーツ?! 想像して大笑いです^^  そんなところがまた魅力だし、とっても可愛いですね、みんなのキャラがとても好き~可愛くて面白くてサイコーですね^^

ブーブー怒るなんてあるある^^
夏の疲れがすっ飛びました~ うひゃ^m^
2006-08-05 Sat 01:11 | URL | アーノルド #-[ 内容変更]
おおーっ、お嬢も登場している!
野菜ソムリエばりなお嬢、笑ってしまいました。
そうそう、野菜にはうるさいんですよ(笑
質がよければ値段は関係なし!
だって金づるは世話係……
2006-08-05 Sat 13:58 | URL | 夏 #-[ 内容変更]
♪笑華さん
あんちゃんやのえちゃんには
どんな役を演じていただこうか、と考えながら
これって思いました。
うーん、でもまだお二兎が表現されていない。
勉強させていただきます(笑)、

♪アーノルドさん
うーたちゃんの最後のセリフ、こんな感じでよかったですか?
うーたちゃんもうー太郎もいつもみんなと一緒だから、ご登場いただいたんです。
次回は何の役でご出演いただきましょうか・・・

♪夏さん
寿々ちゃんには、この役しかない!
と私の勝手な思いこみがこの役を・・・・。
でも、やっぱり寿々ちゃんはお嬢様の役がお似合い。
実生活といっしょでしょ(笑)
2006-08-11 Fri 16:57 | URL | ミミラ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| みみ~ずだより |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。