食いしん坊でいたずらなうさぎたち。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
るる太&兄弟の近況
2010-04-17 Sat 20:55
皆様、こんばんは。
ちょっとご無沙汰している間に、お陰様でるる太も快方に向かい、
本日、お薬ともさよなら~しました。

実は先週病院に行った時から、エンセの薬は飲まなくていいと言われたのですが、
まだペレットをあまり食べない状況だったので、胃腸の薬を中心に薬を飲んでいました。
でも、病院へ行った2日後ぐらいから、ペレットも完食するようになり、
今日獣医さんから「お薬はもういいでしょう」と言われました。
ただし、薬を飲まなくなったことで、また食欲が落ちてきたら
すぐ病院に来るようにとのことでした。

結局、エンセの薬は2週間でした。
症状も10日ぐらいでおさまり、とにかくよかったです。

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

HI3F0084.jpg

↑元気になったるる太さん。眠そうに見えますが、元々こういう顔です。

そして、そして、
ひょんなきっかけから、るる太の兄弟・モコちんの近況もいろいろ聞けるようになりました。

現在、京都にお住まいのモコちん。
かなりびっくり話が豊富にあおりのご様子。
今日、聞いたばかりのすごい話は・・・


何故か、テーブルに上がるのがお好きなモコちん。
グルメな彼、というか食欲魔兎・らら実の血をかなり受け継いでいらっしゃるようで、
とにかくすごい!

最近のお気に入りは、なんと。お茶っぱ。
急須を口で開け、中のお茶っぱを盗み食いするとか・・・。

すごすぎる・・・。



おまけ話

病院で先生に言われたこと。
「やせている方ではないので、ペレットの量を減らした方がいいですね」
ちなみに1週間前は、
「とにかくペレットを以前のように食べるようにしなければいけませんね」

そしてそして、
「お腹は張っていませんが、脂肪が・・・」
るる太のお腹の張りは、体調不調ではなく、脂肪によってピーンと張っているのでした。










スポンサーサイト
別窓 | うさぎの話 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
るる太的強制給餌
2010-04-03 Sat 04:14
火曜日に病院に行きました。
本当は水曜日に行く予定だったのですが、
水薬(といっていいのか・・)がなくなってしまったので、
一日早く出かけることに。
お陰様で、るる太は大分ましになり、
ケージの中では普通に見えます。
でも、ケージの外に出すと、走ったりはしますが、
時々よろけてしまいます。

診察室に呼ばれて先生がチェック。
結果、やはりまだ少し眼振がある。
私自身、ちょっと傾いていると思っていたので、
それを口にすると、「その通り」と言った感じで先生は答えてくれました。
「やっぱり、少しの傾きもちゃんと治したいですね。」
先生は完治を目指しましょう。とおっしゃってくださる言葉を聞いて、
なんだかうれしくなりました。
なので薬はしばらく続けますが、
ステロイドはなくなりました。

お腹の調子もいいようだと触診の答えでした。
確かに牧草は大分食べるようになっていますが、
ペレットをあまり食べません。
そのことをいうと、
「まだちょっとふらついていて、ペレットの粒を食べるのが辛いのかもしれませんね」
とのこと。
決して嫌がっているふうでもないので、そういうことなのかもしれません。
まあ、少ないながらも一応食べているし、牧草は結構ムシャムシャと口にしているので、
強制給餌の必要はないとのこと。
結局、その夜と次の日の朝は与えませんでした。

でも、やっぱりペレットの量が少ないことは気になります。
なので、水曜の夜は8cc与えました。

と、???
私の勘違いでしょうか・・・
強制給餌のシリンジを口に入れると、出すとき何故か抵抗感が。。
次のシリンジを近くに持って行くと、追いかけるような気がします。
うーん。不思議。
さらに、水に溶いた粉薬とドロっとした水薬というか液体の薬も、
決してはき出すことはなく、逆においしそうに飲んでいる風なのです。
るる太とは一体・・・

結局、木曜日は1回、金曜日、土曜日の朝は強制給餌はしませんでした。
牧草はかなり食べているようで、病気になる前より、素晴らしい●もしています。
そして、土曜の夜、へやんぽ中の、というかじっとしていることが多いんですが、
(おやつの時は前のように走ってきます)
ふと、思いついた私は台所で強制給餌用のペレットをシリンジに入れ
それをるる太の口元へ。
カンは見事的中。
るる太は嫌がる風ではなく、シリンジに入ったペレットをおいしそうに飲みました。
さらにもう1本、続けてもう1本・・・
彼の食欲は止まることなく、12cc。
器にペレットがなくなってきたのでやめたのですが、
これがまだ入っていたら、きっとまだ飲み続けていたでしょう。


この状態はもはや強制給餌ではありません!

私がるる太に強制的に給仕させられているのではないでしょうか!!




やはり・・・
るる太は強制給餌好きな男子うさだったのです。

彼の新たな一面を発見しました。



別窓 | うさぎの話 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| みみ~ずだより |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。