食いしん坊でいたずらなうさぎたち。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
燃えました~
2006-07-31 Mon 00:06
燃えました~。
って、それはうちのみみ~ずのことではなく私、ミミラでございます。
というのも、今日は盆踊りだったのです!

小学生の頃から盆踊りを愛していた私は、昨日は寝不足のため断念。
で、今日、みみ~ずのケージの掃除をしてご飯を食べて、
最後のさんぽうさ、マゼを室内にほったらかし(そのままにして)
いざ、盆踊り会場の小学校へ。

最初のうちは静かに座ってみていたのですが、
あの、名曲・河内音頭が鳴り出すと、もう浪花の女は止まりませ~ん。
踊りまくってしまいました。

ハーハー、ゼーゼー
汗びっちょりで帰宅すると、例によってマゼ行方不明事件発生。
今回は敵もなかなか、すぐに捕まることなく、
私をさらに熱くしたのです。

あと2回、家の近くで盆踊りが開催されます。
もちろん、踊りにいきますよ~。



炭坑節を踊るため会場入りするマゼさん。

mazesanpo

スポンサーサイト
別窓 | ミミラ雑文 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
らら美、西川くんになる
2006-07-28 Fri 18:46
昔からよく眠る子だったらら美。
でも、今年の夏は特にすごいです。
人間以上にすさまじい寝方は、何者?と思ってしまいます。

今朝も朝食を食べている時、ふとみると
ひと足先にお食事を召し上がった方はすでに爆睡中のご様子。
ただし、目がかすかに開いてやや不気味。

「西川くんみたいになってる」
同居人の一言に?となりましたが、
数秒後理解できました。
あの、あるある探検隊の西川くんの気絶した顔に(目に)
変に似ているのでした。


例によってちょっと昔の画像。
手術後ややスマートになったものの、
寝相の悪さはさほど変わっていません。


ららおおまた

別窓 | うさぎの話 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
・・・安らかに。
2006-07-27 Thu 21:34
毎週1回ぐらいのペースで更新されていたブログの
主人公だったうさちゃんが今日の午前0時過ぎにお月様へ旅立ちました。

まだ1歳8カ月。
立ち耳ロップちゃんだった彼女の成長を
もっともっとみていたかった・・・。
本当に大好きな子でした。

彼女のママはお辛いなか、
ブログにお月様へ旅立ったことを知らせてくださいました。
ほんの数日前、元気な姿を見せてくれていたのに。

今朝、その記事を読んで涙が止まりませんでした。
主役がいなくなったそのブログは、もう更新されることはないようですが、
いつまでもいつまでも大切なうさ友さんでいさせてくださいね。

・・・ちゃん、安らかに。 
ずっとずっと忘れないよ。

・・・さん、今はものすごくお辛いでしょうが、
みんなまたあなたに会える日を待ってます。
別窓 | うさぎの話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
うっ子の波
2006-07-26 Wed 00:59
今日はいつもよりちょっと早めに帰宅したものの、
時間ができたせいか、余計に遅くなったみみ~ずのおやつタイム。
いつものように生もの嫌いならら美を除く、お三方に
リンゴ・チンゲンサイを配給しようとしたところ、
うっ子だけはずっと座ったまま。
なんだか小刻みに震えています。

あーまただ・・・
そう思ったのは、彼女は時々こんなふうに
食欲がなくなるのです。
夜のご飯タイム室内うさんぽも普段通りだったのに、
12時を過ぎた頃からうずくまり状態。
リンゴを差し出してもそっぽを向くだけ。
これまでも2~3度こういうことがありました。
その時はちょっとお腹や背中を撫で、バスタオルで温かくします。
すると、まずバスタオルから出て、ほんのちょっとバスタオルいじめ。
その後、またうずくまり、やがて座って身体をなめはじめ、
いつの間にか、普段通りに。
そんなリズムになっているのです。

今回もそう。
今日のこのブログを書き始めた頃は、まだうずくまり状態だったのですが、今はからだをなめています。
まだ、大好きなリンゴを食べるまでは回復していませんが、
それも時間の差。

ほら、今見たら食べてます、リンゴ。
一体なんなのでしょう・・・。
うっ子のからだのリズム=波は。。。


元気な時はがっつく彼女

うっこニンジン

別窓 | うさぎの話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
皆さま宅のうささんは?
2006-07-25 Tue 00:37
さてさて、またもや、皆さまはどうだろう?
と思うことが芽生えました。
それは、うささんのお名前。
漢字で書くとするとどんなお名前?
ってことです。
もちろん、本名が漢字のお名前のうささんもいらしゃいますが、
その場合は違う漢字だとしたら・・・
ってことで。

ちなみに我が家はジャージー一家が平仮名+漢字ですが、
これをすべて漢字にするとしたら

裸々美(なんだかちょっとエッチだなぁ~)
流留太(流れたりとまったりわけわかんない)
鬱子(・・・)
混(いいんですけど)

って思いっきり怪しくなってしまった。


流されませんよ、僕は。

218P1020045.jpg

別窓 | うさぎの話 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
恋するマゼ
2006-07-24 Mon 00:17
マゼは1kgにも満たないネザーランドドワーフです。
あとの3羽は2kg越えの立派な体型のジャージーウーリーです。
現在、男子うさ2・女子うさ2ですが、
どうやらマゼが恋した模様。
そのお相手はうっ子嬢です。

室内うさんぽの時、身軽に部屋中を走り回るマゼですが、
必ず1度はうっ子のケージの前に来て、
鼻を突き出し、ケージを噛みます。
どうにかして、うっ子のケージの中に入りたい様子。
ところが、うっ子は最初のうちはその様子を見ていたものの、
今は全く見向きもしなくなり、寝そべっていることが多いんです。
なんて、可哀相なマゼ(泣)
でも、両思いとしても、それは結ばれない恋だからね。

そんなマゼ、ケージの中での寛ぎ方が一番すごいです。
特に朝。
例によってお見苦しい画像で申し訳ないですが、
見えます?
短い足をケージの間からはみ出させているのを。



mazeke-ziasi

別窓 | うさぎの話 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
日の丸飛行隊 活動開始!!
2006-07-23 Sun 00:00
皆さま、以前、ちらっと紹介した『日の丸飛行隊』が
いよいよ本格的に発足。活動(って何?)を始めました。

隊長は
うさべやの夏さんです。
僭越ながら、私、ミミラが副隊長に任命されました。

日の丸飛行隊の隊員は、一応、ロップなのに立ち耳、立ち耳なのに横広がりというのが基本ですが、常にそうでなきゃダメというお堅いところじゃありません。

プロペラやV字になった時の画像をペッタンしたり、「プロペラになるよ~」「V字OKよ!」はたまた、「○○ができるよ~ん」というメッセージを残してくだされば大丈夫。
ようするに、お耳がチャーミングなうささんということなのです。

なので、かわいい隊員さんの入隊を心よりお待ちしております。

入隊希望のうささんは
日の丸飛行隊まで。

我が家はるる太・らら美は基本もクリアのお耳。
うっ子・マゼはちょっと怪しい・・・けど、無事、隊員になりました。

ruruhinomaru



lalahinomaru



mazehinomaru



ukkohinomaru

別窓 | うさぎの話 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
実力行使
2006-07-21 Fri 00:51
朝、目が覚めると顔を洗ってからすぐに
みみ~ずにペレットと牧草を与えます。
それが毎日の日課。
なので、みみ~ずも私が起きると同時に
ご飯タイムということがわかっています。

ところが、今日は何故か身体がだるくて、
みみ~ずのご飯タイムは少し遅めになりました。
すると、うっ子が立ち上がり、
自分のケージの上に置いてある
ペレットの容器を鼻で突き出し、落としてしまったんです。

私に「早くしろ!」という合図か、
はたまた「くれないんなら自分で食べるもん!」
という気持ちなのか・・・
うっ子に聞いてみても答えてはくれません。(←当たり前)

ただ、いくら食いしん坊ばかりの集まりと言えども、
ここまで実力行使に出るのはうっ子だけ。
見直すというか、なんというか・・・。


怒らせると恐い女、うっ子嬢

うっこすわり2

別窓 | うさぎの話 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
頭突きからの脱却
2006-07-20 Thu 09:46
秘技・頭突きで私やモノ(ペレット入れ等)を
恐怖のどん底に陥れていたマゼ。
でも、最近頭突きをやらなくなりました。

ただし・・・
牧草を補充しようとケージに手を入れると。
マゼの頭が私の手に!
あっ、やってきた、頭突きボーイ!
と思いきや、彼の頭は私の手にあたらず、
いえ、当たったとしても当たった途端止まります。
?と思いながら、頭を撫でると
気持ちよさげに目を瞑り、姿勢を低くしていきます。

そうです。
彼は頭突きから見事脱却し、ナデナデ要求男へと
変身を遂げたのです。

だがしかし、
いつでもおかまいなく、という頭突きタイミングは全く変わらず、
朝のあわただしい中、牧草を入れたりペレットを入れたりする時も
まず最初にナデナデの刑を受けなければ、何もさせてくれません。

可愛いけど、愛しいけど、
ちょっと面倒くさい。
それが本音です。


マゼおすまし

別窓 | うさぎの話 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
笑説 うの屋 第二羽
2006-07-19 Wed 02:15
「で、いつから来てもらえます」
「こちらのご都合がよろしければ今日からでも」
「うちは大歓迎ですよ。男手と言えば、ぼんくらの息子と気むずかしい板前だけですからねぇ。じゃあ、早速部屋を用意させますよ。ちょっと、うっ子」
「はーい」(ドテッ)
「また転んで・・・全くあの子はそそっかしいんだから」(ドテッ)
「あっ、女将さん!」
「な、何でもありませんよ。アイタタタ・・・」

私がちょっと仕事でうの屋に来れない間、
ちょっとした出来事があったようだ。
もちろん、私自身、その情景を見てはいないが、
多分、こんなことだろう。

昨日までの雨がうそのような夏のある日、
久しぶりにうの屋に訪れた。
「あっ、お客さん、今そこに水をまいたんで、気をつけてくださいね」
えっ?聞き慣れない上品な言葉使い。
うの屋にはなかったことだ。
「君は?」
「1ヶ月ほど前からお世話になっているこむぎと申します。以後、お見知りおきを」
なかなかの美男子で、物腰は柔らか。
さぞかし女性にもてるだろう。
「そうですか。はじめまして、ミミ山です。まあ、ここは私の第2の家みたいなもんで、しょっちゅうお世話になってます。よろしく」

いつもの部屋でくつろいでいるとらら美女将がやってきた。
「ミミ山さん。今度はちょっと間があきましたね」
「そうなんだ。野暮用が片づかなくてねぇ」
「そうそう、新しいうさが入ったんですよ」
「あー、こむぎさんだろ。さっきあったよ」
「働き者だし、丁寧だし、いいうさなんですけどね・・・」
「なにかあるのかい?」
「いえ、別に・・・そうそう、お風呂が沸いてますから汗をながされたらどうです」
何故か、口ごもる女将が気になるが、根掘り葉掘り聞くのも何か。
「あー、そうさせてもらうよ」
私は風呂場へ歩いていった。

「ちょっと、こむぎさん。起きてよ」
町へ本を買いに行こうと玄関に向かうと、うっ子の声が聞こえてきた。
「みんな、気をつけろ!ムニャムニャ・・・」
「こむぎさんったら」
「えっ、あっ、うっ子ちゃん。朝ですか~」
「何いってんのよ」
「あっ!すみません」
どうやら新入りさんは眠っていたらしい。
仕事はさほどきつくないはずだが・・・・

「いえね、しょっちゅうなんですよ。ちょっと困ってるんです」
女将の話を聞き、こむぎさんがよくうたた寝をしていることがわかった。
「ミミ山さん、こんにちは」
いきなり、元気のいい声が聞こえた。
「やあ、るる太くん久しぶりだね」
「これ、ちゃんとご挨拶しなさい」
「まあまあ、で、どうしたんだい今日は。珍しいね、私の部屋に来るなんて」
「最近、この町の青年団に入ったんです。さびれた町に活力を与えるためには、なんて毎日話し合っているんです」
「それを大義名分に食べたり飲んだりしているだけじゃないの」
「そんなことないよ。僕たちはちゃんとした会合をしてるんだ。誰かさんみたいに夜中にこっそり出かけたりしてないよ」
「夜中にこっそりって、誰のこと?」
「あっ、何でもないよ」
「るる太、言いなさい。母さんに隠し事は出来ないことわかってるでしょ!」
「わかったよ。こむぎさんが夜中に出て行くの、何度も見てるんだ」
「えーっ」
それが、居眠りの原因か。

真相を確かめると勢いこむ女将をどうにか説き伏せ、
こむぎさんと話をすることにした。
「夜中に出かけるって・・何処へいってるんです。もしや・・・」
「いえ、皆さんが思われるようなことじゃありません」
「じゃあ何処へ?」
「それは・・・」

「はっきり、言ったらどうなんです。隊長」
いつの間にか、そこにはマゼくんが立っていた。
「マゼくん・・・」
「ミミ山さん、この方はオイラとは違って偉い方なんです」
「偉い方?」
「マゼくん、やめてくれ」
「いえ、あなたが言わないんだったら、オイラが言いますよ。ミミ山さん、あなたオレンジ隊ってご存知ですか?」
「あー、噂には聞いたことがあるよ。世のため人のためとかいう・・・」
「そうです。そのオレンジ隊です。こむぎさんはそのオレンジ隊の隊長さんなんです」
「ということは、夜中に出て行ってるのは」
「ええ、活動しているんです」
「でも、隊長としての任務だけでも忙しいだろうに、どうしてうの屋に・・・」
「マゼさんも最近オレンジ隊に入隊されたんですが、マゼさんにここの話を聞いたんです。女将さんが手術を受けられて、また足もよくない。息子のるる太さんはまだ主人の器じゃない。あといるのは若いうっ子さんとマゼさんだけ。僕は放っておけなかったんです」
私は思わずこむぎさんの顔をみつめた。

「本当にありがとうね。私、全然気がつかなくて」
「いえ、女将さん。私の方こそ、お役に立てなくてすみません」
「僕もこむぎさんみたいにかっこよくなりたいから、オレンジ隊に入ろうかな」
「るる太、あんたに務まるわけないでしょ」
「何言ってるんだい、僕は青年団で・・・」
「まあまあ、今日はこむぎさんの旅立ちの日だ。みんな仲良くしようじゃないか」
「隊長、お口に合うかどうかわかりませんが、昼飯にでも・・・」
「こむぎさん、チモシー入りのおむすび作ったの。食べてね」
「こら、うっ子。そんなまずそうなもの、隊長に失礼だぞ!」
「何いってんの。マゼさんの作る料理こそ、見栄えばかりでちっともお腹が一杯にならないってお客さんが言ってたわよ!」
「お客さんじゃないだろう。おまえが大食いだからそう思ってるだけだろう!」

あーこっちでも始まった。
こむぎさんはその光景を笑いながら見ていたが、やがてうの屋の門を
出て行った。


今回のゲスト・こむぎちゃんおきらくウサギ生活

別窓 | 笑説 うの屋 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
くつろぎのひととき
2006-07-18 Tue 09:02
4羽のみみ~ずのなかで、一番新入りはマゼ。
といっても、昨年10月末に来たので、随分経っていますが・・・。
マゼは人間の動きに敏感というか、いつも監視しているような子です。
あとのお三方は無視というのでしょうか・・・(泣)。

そんなマゼですから、逆に自分もいつも見られている感があるというのか、寛ぎタイムもどことなくアンテナはりはり、緊張感が漂っておりました。
ところが、暑くなってきたせいもあるのか、最近、誰よりも(らら美を除く)ダラっとしています。
無防備に横になっているのです。
昨夜などは、短い足をケージの外に出して半寝。

らら美は外ではしたない格好をしていますが、ケージ内ではほんの休憩というスタイルが基本です。
るる太、うっ子も寝転がることはほとんどありません。

ということで、マゼは我が家で一番、ケージくつろぎ派なんです。


mazebokuso

別窓 | うさぎの話 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
王子様と庶民
2006-07-17 Mon 01:33
昨日のおめでたいうささん家族決定に立ち会った私。
今日もうれしいうさ話がありました。

今年の年賀状をいただいてから音信不通になっていた
里親さんから思いがけない贈り物が届いたのです。
早速、お礼のお電話をしました。

すると・・・・
音信不通の原因は私にあることが判明。
一時期、迷惑メールがすごくて2度ほどアドレスを変更したのですが、
その2回目の変更を連絡していなかったのです。
あちらは、メールを送っても届かないし、と思われていたそうです。

里親さんは熊本在住の方です。
うさは、るる太&うっ子の兄(かなぁ)、
モリゾウくんです。
るる太と同じカラーのモリゾウくん。
我が家生まれのうさらしく、自由奔放わがままに過ごしているらしいです。
とてもとても大切にされて、なんと、家(ケージ)は2つ。
2階建ての本宅の他、別宅も持っています。
さらに、里親さんのご実家にも立派な家があります。
るる太&うっ子が聞けば、うらやましくてひっくり返りそうな話です。

モリゾウくんは、ニンジンが大好きとかで、
1日2本も食べているそう。
そのため、モリゾウママはニンジンばかり買って、
スーパーの人にニンジン好きな人と思われているらしいです。
ご実家の人たちにも愛されて、幸福なモリゾウくん。

私も本当にありがたいと思っています。

画像はモリゾウ王子様。庶民・るる太とそっくりです。


morikun

別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ベルちゃん幸せにね。
2006-07-16 Sun 12:56
暑くて溶けそうな昨日。
例によって徹夜明けの土曜日、うさ友さんご対面第2弾という
楽しい出来事がありました。
スタンピングルームのa-odoraさんとジョナばーやさんです。
スタンピングルームさんは、うさ8羽の大所帯。とてもすてきなサイトで、それぞれのうささんの毎日や病気のこと、うさぎ辞典などメニューが充実。いつも勉強させていただいています。

と、そのスタンピングルームのお二方とお会いできたのは、
ある1羽のうささんのお陰でした。
その子はハバナ種の女の子。昨年、アメリカからやってきて、
ショップで過ごしていました。
「本当の家族のように大切にしてくれるところに・・・」
という店長さんの願いが、私のうさ飼いのお師匠さん→私へと
伝わり、スタンピングルームさんの家族になることが決まりました。

決定したのは6月の初めなのですが、お迎え日が決まったのは
ほんの数日前。
そして、昨日の朝、高松から大阪へお迎えに。
昼過ぎ、ショップでお会いしました。

ショップでは初めてお会いするお二方、
さらに、生まれて初めて会ったハバナ種のうさぎさん
と、感動の連続でした。

ハバナの子は「ベル」ちゃんと名付けられて
新しい家庭で愛されて暮らしていくことでしょう。
ベルちゃん、幸せにね。
別窓 | うさぎの話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
るる太注意報!
2006-07-12 Wed 09:31
遅れてきたアイツ・・・

らら美&るる太の母息子は、
今、換毛期真っ直中です。
放牧うさぎ・らら美は比較的ブラッシング可能ですが、
るる太は毛嫌い派です。
唯一、心地いい顔をするのはおでこのあたり。
でも、おでこってそんなに毛が抜けないし、
ちょっと無駄な場所という噂も・・・。

元々、一家の中で一番食が細い(といっても他のうささんから見れば大)のるる太で、●も一番小さめ。
それが、ここ数日、どんどん小さくなってきています。
昨日はかなりいびつな数珠●も発見。

牧草主体の生活をさせた方がよいと思うのですが、
それもままならず・・・。
時々おやつのオーツヘイを食べさせたりして、
丸デカ●を目指しています。


アップなるる太頑張れ大●!

appu

別窓 | うさぎの話 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
ご協力いただいた皆さまへ
2006-07-11 Tue 00:52
先日、本当に急に『ペットペッパー』への画像投稿を
お願いしましたが、お陰様で短い期間にご協力いただきありがとうございました。
と、編集部の方からの伝言です。

私もちょっと前に聞いたので、確かではないのですが、
そろそろ発刊みたいです。

皆さま方のかわいい愛兎のお姿。
私も楽しみで~す。

そうそう、今回はうさ特集だったんですが、
投稿は随時受け付け中とか。
今回は投稿できなかったうさ友さん、
お気に入りの1枚が撮れたら、是非、投稿してみてくださいね。
別窓 | うさぎの話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
本格的な夏に向けて・・・
2006-07-10 Mon 01:13
たまにこっそり書いているブログを読んでいただいている人なら
ご存知かと思いますが、
私、ホラー好きです。
人一倍恐がりなくせに、人三十倍くらい好きです。
ただ、DVDを見ても、恐い場面が来そうになると、
目を瞑ったり、違うことをしたり・・・
友人に言わせると
「見る意味ない!」
そうです。確かに。

ところで、うさぎはイメージ的に可愛い~
ので、ホラーとは全く関係ないような気がします。
そういえば、うさぎが人を襲うような
映画や話、聞いたことありません。

でも、強烈なうさキックやうさパンチなど、
時には人間を流血させることもあるのは、
うさ飼いさんならきっとおわかりのはず。

ということで、またもや思いつきで
うさホラーを考えてみました。

(あっ、今、前回よりもダイナミックにらら美が転がり落ちました!あまりにもひどい転がり方だったので、今回は目が覚めた模様。しかも狭いところに落ちたので、ひっくり返ったまま、なかなか起き上がれなくてもがいています。まるでカメちゃんみたい~←助けない冷たい私)
(やっと、今起きて、心を落ち着けるために毛繕いしています)


らら美転がり事件2が入ったので脱線してしまい、
なんだか、書く気が失せました。
一応、ホラーネタを書くつもりだったのに、
らら美があまりにも面白かったので(冷たさ二重奏♪)。

続きは次回に~。

(恐い話じゃありませんよ~。ネタバレしちゃいますと。)
一応ホラーなので。
別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
るる太の脱皮!?
2006-07-09 Sun 05:07
最近、ちょっぴりしかみみ~ずと遊べない(遊んでもらえない)私。
ある日、同居人が
「るっ太(るる太の通称)のしっぽが伸びてる」
と言いました。
しっぽが伸びる?????
まさか、しっぽが成長し始めた・・・・
というのではありますまい。
そんな話聞いたこともないし、見たこともない。

気になる、とても気になるので、
ちょっと早めに帰った日(といっても10時過ぎ)、
ケージの中を逃げ回るるっ太を取り押さえ、といてもほんの数秒ですが、しっぽを見ると、確かに長い・・・。
えーーーーーっ!
で、よく見ると、変な感じの生え方(?)。

実物を見た瞬間、とろい頭がいきなりフル回転して、
出てきた答えが換毛。
そうです、るる太のしっぽのあたりが換毛していたんです。
でも、他の子達のしっぽがそんな風になったことはなく、
やはりるる太のオリジナル換毛です。

そうとわかれば、抜けている、いえ、抜けていなくても引っ張ればすぐとれる、ということでさらに嫌がるるる太と格闘の末、
長くのびたしっぽらしきものをとることが出来ました。

そういえば、最近、るる太の毛がものすごく抜けています。
長毛なので量が多いのは当たり前ですが、
らら美やうっ子がさほどでもないのに、
るる太のケージの中は綿埃のように、隅に毛が落ちていることも
しばしば。
うさ一倍ブラッシング嫌いのるる太を無理矢理ブラッシングすると
ごっそり抜けます。
が、自然に抜ける毛もすごいんです。

そのせいか、毛の手触りが変わってきました。
ちょっとやわらかくなったような・・・。

以前、知り合いのブリーダーの方に
換毛についてお聞きしたことがありました。
その時、何年かに1度、毛が生え替わるくらい、ごっそり抜ける子がいると教えていただきました。
らら美はうー太郎はそんなことなかったのですが、
もしかして、るる太はそのタイプなのかも。


脱皮中のるる太。でもこのふくよかな見栄えは毛のせいじゃなく
お肉のせいなので、スマートになることはありません。


るる太ゴールド

別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
うの屋にゅーす
2006-07-06 Thu 02:08
ブログの途中ですが、今入ったうの屋ニュースを申し上げます。

深夜にひっそりこっそり、ブログを書いているミミラ特派員の横のマットレスの上で目を開け眠っていたらら美女将ですが、
突然、ミミラ特派員の耳に変な音が入ってきました。
ふと、女将の方を見ると、上半身、見方によれば足より上が
マットレスから落ちている女将を発見。
微動だにもしない女将の姿に、ミミラ特派員は恐くなって、
側により揺すったとのことです。
すると、ムクッと起きて、しばし放心状態の女将の姿が見られた、とのことです。
うの屋お抱え医師は、
「女将は睡魔との勝負に負け、かなり深くお眠り状態のだったとき、
あやまってマットレスから転落。それでもなお、深~く、眠っていた
のでしょう」
と話しています。

ここにまた、らら美女将の伝説が生まれました。

以上、ミミラ特派員からの報告でした。
別窓 | 笑説 うの屋 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
国際的うさ友さん
2006-07-06 Thu 01:30
体力&気力が限界を超えて、もぐらのように暮らしていたので、
お久しぶりでございます。

うの屋も順調な滑り出しと勝手に思いこみながら、
主人公のみみ~ずを日夜、観察しておりますです。
でも、代わり映えしないな~なんて思ったりして・・・

ところで、全く話は変わりますが、
うさと暮らすようになって、HPを作ったり、ブログを書き始めたりして、いつの間にか、いろんなところにうさ友さんが出来ました。

そのお一人がハマとウサギのタイ生活のハマさんです。

うさ飼いさんの間ではかなり有名なお一人とお一羽。
真っ白なレモンさんは、ニンジンを手で持って食べ、
熱めのお風呂が好きな類い希なるうさぎさんです。

そのハマさんが先日、お仕事で日本に一時帰国されました。
それをHPで知った私。
タイには大阪の関空からということで、
お見送りを決意!
我が家のみみ~ず隊からは、軽くて持ち運びもラクラク~なマゼを
代表うさとして同行させました。

当日は朝、8時20分に梅田へ。
しばらくすると、ハマさんと会社の方がお見えになりました。
初めてお会いしたのに、旧友に会えたように話も弾み、
とても楽しい1時間を過ごさせていただきました。

実はこのお会いする日を、私の思いこみで1週間早い日と勘違いしたため、ハマさんをかなり焦らせてしまいました。
どうも、すんませんでした。

次回は、レモンさんともお会いしたいな~
なんて思ってたりして・・・・。

ということで、小々的(大々的の反対語←うそ、多分)に
皆さまのお住まい調査を開催しま~す。
うーん、うさぎとかけ離れるのもなんなので、
うさを怒る時のセリフなどを一言どうぞ。

ちなみに私は大阪在住で
「ほんま、なんでゆうこと聞けへんの、この子は!」
と毎日叫んでます。


上のセリフを言われるシーンその1

mazesinnbunn

別窓 | うさぎの話 | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
| みみ~ずだより |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。