食いしん坊でいたずらなうさぎたち。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
準備は出来てます。
2006-03-31 Fri 01:19
最近、我が家のうさぎーずに流行しているもの。
それは、ペレットの早食い。
今まではダントツ、るる太が一番でしたが、
他の子たちもすごい勢いです。

らら美も急にスピードアップしたメンバーの1人。
夜、(無理矢理)ケージに入れられる前に、すでに器の中は空っぽ。
そして、朝、出せ~出せ~と騒ぐのだけれど、
前のように走ってどこかへ行ってしまうことはありません。
ケージから一歩(彼らは両足くっつけてるから二歩?)出たところで、
私をずっと見つめます。
他の子達に入れている間、うらやましそうに見ていることもあれば、
ケージの中でスタンバイしていることも。

放牧命!のらら美さえ、
食欲が勝ってしまうとは・・・・。
スポンサーサイト
別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
うさんぽ探検隊
2006-03-30 Thu 00:50
室内うさんぽにも、うさそれぞれ特徴があります。
るる太とマゼはひとつの部屋だけで遊びます。
特にるる太は決まったルートしか走らず、ビビリの性格がよく表れています。

らら美とうっ子は本当に自分たちの好きなところに行きます。
ただ、らら美は新しい場所を覚えると、しばらくの間は集中的にそこばかり行く傾向があります。
逆にうっ子は、新しい場所に行った時点で、すでにそこは経過点になり、そこからまた新しいところへ行こうとします。
うさ一倍好奇心のカタマリなんですね。

それにしても、恐いもの知らずの女子に比べて、
ちょっと、そこの男子うさ、
あまりにも気弱すぎませんか~。

画像はうさんぽ探検が終わって、おやつタイムに必死になるうっ子です。



うっこニンジン

別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
いや~なタイプ
2006-03-28 Tue 16:50
うさぎーずはなかなかいうことを聞いてくれません。
ダメといったら余計にやるし、物は破壊するし・・・
だから、私も反撃を考えています。

すでに実行しているのは
るる太への嫌がらせ。
晩ご飯の配給は、みんなほぼ一緒じゃないと誰かが狂ってしまいそうなので、ペレット&牧草を順番に入れている間、2階のケージはしばらくの開いたままになっています。
食いしん坊&うさんぽ好きなるる太は、晩ご飯の時、ペレットを入れた瞬間すぐに器に顔を突っ込みます。
が、開いたままの扉も気になって仕方ないよう。なぜなら、放牧うさぎがケージに入った後は、彼の散歩時間ということがわかっているからです。
でも、彼の食欲は止まりません。
みんながちょっとお腹がふくれたら休憩するのに対し、かれはペレットがほとんどなくなるまで食べ続けます。

今までなら彼の食欲を満たし、そしてうさんぽ。
というふうになっていましたが、最近、彼の食事中にいろいろ声をかけるんです私。
「るっ太もう食べた?」「もうお腹いっぱい?」「もう済んだ?」
言葉が理解できるのかどうかはわかりませんが、私の声にいちいち反応し、顔をあげるるる太。
そのうち、食べることは諦めて(?)、ただ1点、ケージの外にいる悪魔(私)の誘惑にのってしまうんです。
『早く遊びにおいで~』『外は楽しいわよ~』
もうこうなると、食いしん坊王もすっかり食べることを忘れてしまっています。

で、ケージの外でうさんぽ。
いつもより、外置きの牧草や誰か(多分放牧うさぎ)が落とした牧草を食べることはいうまでもありません。




iyagaraseP1010203.jpg

別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
うさぎとかめがおりました。
2006-03-27 Mon 11:39
馴れ馴れしい、否、人なつっこいらら美は、うさぎーずの中の一番の古株ですが、同居動物の中では2番目です。
一番長く一緒に生活しているのは、ごくごく普通のおかめちゃん。

彼がやってきたのは、お月様在住うさ・うー太郎に遅れること2ヶ月。
もともと、先代おかめちゃんのベランダ蒸発事件(詳しいことはまた後ほど)により、淋しくなった我が家に再びおかめちゃんを迎えるべく出向いたペットショップで、うー太郎に出会ったことが、私とうさぎとの共同生活のきっかけでした。
いうなれば、かめがいなければ、うさぎもいなかったのです。

さて、それは土曜日のことでした。
おかめちゃんの水槽を洗っていると、ふと、外(室内)に出してみたくなったのです。
いつも水槽の中でわさわさ動き回っているおかめちゃん。水槽掃除の時もとても楽しそうなので、きっと外が好きなはず。
ということで、部屋の中に放しました。

すると、放牧うさ、らら美が突然やってきました。
彼女はとても好奇心旺盛なので、これもあり得ることでしたが、
こんなに早くかけつけるとは・・・
そして、初めての対面!
うさぎとかめの対面です。
昔々から物語の中では知り合いの2種。
たとえ本のなかではライバルといえども、懐かしさで感涙にむせぶのではないでしょうか!!!!

こんな私の思いを余所に、
ほんの数秒で、興味を失ったらら美さん。
というより、「なんか変なものが動いてる、ちょっと恐い・・」
というようなそぶりでした。

でもいつか我が家のうさぎとかめの2ショットを撮りたいと思っています。

久しぶりの画像はその時じゃなくて、もうちょっと前のらら美。
たまにブログに出てくるうさぎーず公共施設、ごろ寝ソファーワイドの中でいびつな丸形になっている姿です。
でも、ワイドでこんなに小さいんですよ~。
うちのこ(マゼは省く)がどんなにうさトンかわかっていただけます~?


ららかご

別窓 | かめごん | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
不安より食欲?
2006-03-26 Sun 00:58
そろそろ画像も入れたいなあ、と思っています。
まあ、そのうちに。

先日、マゼの立てこもり作戦のことを書きましたが、今日も彼はやってくれました。
隙間も狭くして、段ボールのバリケードもしてたのですが、まずバリケードを強い頭を武器にして動かし、狭い隙間をミニボディで突破しました。
でも、今日の私は騒ぎません。
なぜなら、ケージ動かしを覚えましたもの。オーホッホッホッ・・・

うさんぽタイムの終了間近、覚えたてのケージ動かし作戦で見事捕獲しました。そして、マゼを自宅に送り届け、ケージを動かしはじめて、何気なくマゼを見ると、水を飲んでいるではありませんか!
ケージは動いているんですよ。
なのに、そんなこと気にせず。
かなりびっくりしたものの、ケージは元の位置に戻さなければなりません。また少し動かして、1階のうっ子を見ると・・・
彼女は牧草を食べていました。

ねえ、マゼさん、うっ子さん、
あなたたちはケージが動いていても、飲みたい・食べたい欲求のほうが勝つのですか?
本当に自分を見ているようで、恐い。。。
別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
らら美はこたつでまるくなる~
2006-03-25 Sat 16:08
昨日、放牧うさぎ・らら美の姿が見えません。
昼真っから、どこをほっつき歩いてんだー
ららー、ららしゃん、らら美ちゃ~ん!
叫んでも叫んでも、らら美はその大きなからだを表しません。

まあ、家の中にいることは間違いない。
ま、いっか。
すぐにらら美探しに飽きた私は、昼ご飯を食べようと、
こたつをON。
あら、あれがあったわ。
すぐに食べ始めるつもりが、整頓されていない冷蔵庫の中を捜索し、
たらこをもって、着席。
冷え性の私が、お行儀悪くこたつに足を投げ出した時、
ぷよぷよ?
何か足にあたるものが・・・
何、これ?
今度は謎のぷよぷよに思い切り足を押しつけると、
ぷよぷよはもぞもぞしだしました。

皆さま、もうおわかりでしょう。
そう、謎のぷよぷよはこみみなぷよぷよでした。
ダークカラーのぷよぷよは、こたつの片隅に
ひっそりと丸くなっていたのです。

こたつは10分ほど前にスイッチをいれたはず。
かなり温かくなっていました。
そのなかで、ぷよぷよはじっとしていたんです。

うさぎは寒さには比較的強く、暑さには弱いと思いこんでいた私。
まして、ぷよぷよはロンゲうさ。
暑くないの~?
暑さに弱いって、うそだったの~。

毎年、梅雨から秋までのエアコン代捻出に頭を悩ませる
私の愛情はぷよぷよにとってはありがた迷惑だったのか?
疑問がふつふつとわいてきました。

今年の夏は猛暑かそうでないかはわからないけれど、
我が家には2羽のぷよぷよ2世もいます。
彼らのために、やはり夏場はエアコンをつけましょう。
もし、ママぷよぷよが寒そうにしていたら、
その時は・・・考えます。

※1 途中から、ぷよぷよになってしまいましたが、らら美の話です。念のため。
※2 我が家にはもう1羽、ミニミニがいますが、彼は短毛種なので、敢えて本文には登場させませんでした。念のため。 
別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
立てこもり作戦失敗
2006-03-24 Fri 23:17
らら美とうっ子は1階暮らし。
2羽の間は、14~5cmの隙間を開けています。
もちろん、その隙間の前にはものを置いて、入れなくしてあるのですが、みんなどうにかしてそこに入ってしまう・・・(泣)

ジャージーファミリーは、ちょっと(控えめに)おデブうさ達なので、うさんぽタイムにせいぜい2回ほど入り、すぐに出てくるのですが、
ミニサイズ・マゼは、すったかた~と出たり入ったりを繰り返します。
しかも、ケージ帰宅時間になると、絶対出てこなくなるから大変。
隙間の奥から人間の動向を厳しく監視しています。

今日は特に隙間滞在時間が多かったマゼ君。
結局みんなより30分以上も外に出ていました。
らら美は出せ~とケージ噛みを始めるし、どうしようかと考えた末、
ケージ移動を決心。
幸い、うっ子のケージはこまがついているので、比較的に楽に動かせます。
そーっとケージを動かし始めると、突然、スペースが広くなったことにあわてふためくマゼ。
そして・・・彼の立てこもり事件は幕を閉じました、とさ。
別窓 | うさぎの話 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
ナデナデは私が気持ちいい~
2006-03-24 Fri 00:37
うさぎの好きなところのひとつに手触りがあります。
同じうさぎなのに、うさそれぞれ。
毛質が違います。

一番柔らかくて赤ちゃんみたいな毛をしているのがらら美。
ふわふわというより、トリートメントもちゃんとしているような
いい毛質だと思います。
うっ子はカラーだけみると、ちょっとゴワゴワしてそうですが、
サラサラ毛。ちょっと不思議な感触です。
マゼは短毛種のせいか、すぐに骨にあたるという感じが強い。
でも密集した柔らかい毛は気持ちいいです。
るる太は・・・
残念ながら彼は他の子に比べるとあまり毛質はよくないみたい。
体型やカラーから、ふわふわの気持ちいい感じがしますが、
ちょっとパサパサしています。
実は、その感じ、パパに似ています。
るる太は相対的にパパ似のよう。
唯一違うのは性格。
どちらかというとパパは人間好きでしたが、るる太はうさぎ好き。
自分がうさぎということに誇りを持っている感じです。
別窓 | うさぎの話 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
悪女うさ、うっ子
2006-03-23 Thu 01:40
体調が悪かったうっ子ですが、回復!
それはもう見事なほどです。
まるで体調不良でうずくまっていた数時間を取り戻すように、
今まで以上にお転婆ぶりを発揮してくれました。

たとえば・・・
もともと高いところに興味津々の彼女は、今までにない高所に目標を掲げました。
それを実行するため、まず箱の上にジャンプ(第1段階)、次いで目標地点へジャンプ!(第2段階)・・・の予定だったようですが、一応種類はうさぎのうっ子ちゃん。猫さんのようにはいきません。
2段階目でものの見事に失敗し、落下してしまいました。
あー、これじゃケガが心配になってしまう・・・。

おまけに、ちょうど1段階目のところにあるマゼのケージにちょっかいを出し、男マゼの心をかき乱して去っていきました。
なんて、悪女うさなの。

別窓 | うさぎの話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
うっ子うずくまり事件
2006-03-22 Wed 16:44
我が家のうさぎーずはみんな元気です、おかげさまで。
ただ、某1羽。たまに急に元気がなくなります。
その名はうっ子。

昨夜、夜の食事タイムにいつもと変わらずガツガツペレットを食べていた彼女。
うさんぽタイムの順番が来て、ケージの扉を開けると・・・
いつもなら、開ける=飛び出す、のに、
いつまで経っても出てきません。
おかしいなぁと思いケージの中を見ると、まーるくなってうずくまっているんです。声をかけても、ちょっとみるだけ。
これはおかしい。
彼女の大好きなリンゴを差し出しても知らん顔。
ちょっと様子をみようと、うさ専用のバスタオルをかけて、ケージから離れました。
20分ほどして見ると、バスタオルはお嫌だったらしく、横にのけられています。でも本うさはうずくまったまま。

いつもより散歩タイムが早くきたマゼが忙しそうに走り回っていても、知らん顔。
ちょっとやばいかも。明日病院かな~。
そんなこと思いながら、背中やお腹をマッサージをしました。でも、うっ子が迷惑そうな顔をしているので、ほんのちょっとで退散。
元気になって、と心で祈るばかりでした。

さて、マゼの散歩タイムは終わり、閉じこめられてムッとしているらら美を出してしばらくすると、うっ子のケージに近寄って行きました。
さすがママうさ、子供のことが心配なのね、なんてことは多分なく、
「ほーら、私はお外で自由よ。いいでしょう」と見せつけに行ったようです。
その態度がうっ子のハートに火をつけたのか、動き始めました。
らら美が右へいくと、うっ子も右へ。左へ行くと左へ。
そして、うっ子からかい(?)に飽きたらら美がケージから離れていくと・・・うっ子は突然狂ったように、ペレットにがっつきました。

その後は、ケージから出して~のポーズで必死にアピール。
イレギュラーに、遅めのうさんぽタイムを楽しむうっ子がいました。

彼女は以前にも1度、同じようなことがありました。
その時も復活まで数時間、その後はいつものようになったので、
病院もいかず、未だに原因はわかりません。

長毛種だから毛詰まりが原因とも思えるのですが、●はいつもと同じ。
一番考えられるのは、ケージの外に出られない=ストレスと、誰も相手にしてくれない=甘えん坊な性格の2つの原因が、体調不調を呼び起こしたものと思われます。

僕はひとりで楽しいびょ~ん、おいしいご飯が一番の友達ぴょ~ん。
そうとしか思えない、ノー天気な兄・るる太の性格がうっ子にもあれば・・・。
願わずにはいられない私でした。

P.S.
すっかり元気になったうっ子は、昼間のケージ掃除タイムに、後ろ向きの私の足の裏を踏み踏みして、重痛かったです。


別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
babyってやっぱり可愛い~
2006-03-21 Tue 16:18
昨日、ブログで書いたうさ友さん家に無事、babyが産まれました。
かわいいだろうな~、いいなあ~
本当にbabyは可愛いですものね~。
ということで、また昔の思い出話を・・・

我が家生まれの5羽のうち、3羽は同じようなカラーでした。
その中の1羽がるる太です。
本当にそっくりで、見分けがつきませんでした。
のんびり屋、活発・・・など性格に違いがあれば、少しはわかったかもしれませんが、それもほとんど同じ。いたずらばかりしている3羽でした。
今も、彼らは姿も性格もそっくりみたいです。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あの頃君はbabyだった・・・のに
2006-03-20 Mon 16:36
先日、知り合いになったうさ友さん宅でbaby誕生のご様子。
現時点ではまだ産まれていないようですが、
るる太とうっ子が産まれた時のことを思い出しました。

らら美から産まれた5羽のこうさぎ。
そりゃーもう、可愛かったです。
でも、目が開いた10日目頃からは、すでにいたずらの兆しが・・・。
いつも誰かが巣箱から脱走していました。
2階のケージから飛び降りた輩もおりました(降りたと途端、手足にしびれがきたらしく、そのまま固まっていました)。
でも、本当にぬいぐるみちっくで可愛かった。

で、今、
ずんぐりむっくりの食いしん坊兄さんになってしまったるる太。
ちょっとのことですぐ色気モードになる囓り魔うっ子。

こんなすてきで魅力的な子供達を産んでくれてありがとう。
出産太りから解放されないらら美さん。
別窓 | うさぎの話 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
自分でやる~
2006-03-19 Sun 16:47
私が家にいることが多いせいもあり、
最近、らら美はすっかり放し飼いうさぎになってしまいました。
以前は、お腹が空いたらケージにもどりペレットや牧草をたべていたのですが、今はケージに入るのはペレットが食べたいときだけ。
牧草は盗み食いの一点張りになってしまいました(泣)。

狭い我が家+便利なこともあって、牧草をすぐ手の届くところにおいているのですが、それはらら美にとっても、取りやすい場所。
彼女は新鮮な袋のなかの牧草を食べてしまいます。
それも、自力で採りたいと思っているのか、
開いている口があるにもかかわらず、ここだ、と思うところを歯で破り、中の牧草を食べます。
先日などは、彼女自身が開けたところが小さくて食べにくそうだったので、「ほら、ここがあいているでしょ」と目の前にもっていくと、
ご機嫌斜めになり、プンという感じで去っていきました。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
男子と女子
2006-03-18 Sat 23:00
我が家にいうさぎは男子2羽・女子2羽。
そのうち3羽はファミリーですが、
よく見ていると、男子と女子の違いがあるような気がします。
うさんぽの時、女子は1つのことに集中して、その日はそこばかり気にしています。
一方男子は、あっちにもこっちにも興味があり、一カ所でじっとしていません。
これって我が家だけなのかなあ~。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おめでとう!!!
2006-03-16 Thu 16:16
今日はいつものうさぎ話からちょっと離れて・・・。

我が家から巣立っていったもこちんのママが晴れて獣医さんになられました。
今まで一生懸命、大学で勉強に頑張って来られたので、私もすごくうれしいです。
本当に、うさぎや動物が大好きで、子供の頃からの夢を達成されたんです。私には到底真似できません。
本当に本当におめでとうございます。
別窓 | うさ人 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
名前って・・・
2006-03-14 Tue 21:49
今日はるる太のことを書こうと思ったのですが、
るる太・・・とPCで打って急遽テーマ変更。

うちの子たちはマゼを除いて、JWファミリーは、ひらがな+漢字の名前です。だから、名前を入力する時、ちょっと変なことに・・・。
今日はるる太が「るる田」になりました。
なんかこれだと、田んぼの名前みたいです。るるっていう農作物を作っているみたい。。。
らら美はよく「らら未」になります。これは、ららというなんだかわけのわからないものが、まだ到着していないよう。
問題はうっ子。いままで一度も最初に打てたことがありません。
だいたい、変換されずに「うっこ」のままか、かたかなで「ウッコ」。
漢字が入っていないと、らっこみたいです。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
なぜに~?うっ子しゃん
2006-03-13 Mon 03:01
時々やってくるうっ子の春。
最近もあったけど、もう終わったとばかり思っていたけど、
時々、毛が・・・。

何故か、彼女が毛をむしるのは、ケージの中だけ。
さらに、人間の目が届かない時間帯に限られています。
朝、ペレットをあげようとした時、買い物に出かけたとき、
晩ご飯を食べに行った時・・・
ふと見ると、グレーの毛が(彼女の首から胸にかけてはグレーです)。
それも、いつもではなく思いだしたように。

なんのスイッチがはいるのでしょう?
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
私はなにも・・・
2006-03-12 Sun 01:32
我が家で一番古株のらら美さん。
つきあいが長いせいか、一番、人間のいうことを理解している(ふう)に思えます。
いたずらしていても、低~い声で「ら~ら~美~」というと、バッとやめて、
「あら、何かしら?私は何もしてませんわ」
という顔をします。
そして、その後、やたらとこちらを意識します。
何気に漂う緊張感が伝わってくるんです。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
見張ってます。
2006-03-09 Thu 23:26
この頃、日中はずっとケージの外にいるらら美さん。
でも、別に動き回るわけではなく、1カ所でまーるくなっています。
それは、他のうさぎたちが見える場所。
まるで、みんなの動向を見張っているようです。
まあ、一番古株なので、睨みをきかせているのかもしれません。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
早食い王
2006-03-08 Wed 23:49
ご飯タイムはペレットを入れる順番の差ぐらいで、みんな一緒。でも、器からペレットが消える時間にはかなり差があります。特に夜。誰かさんの器だけ、早い時間から空っぽ。
そのうさ物の名は・・・るる太。
ちょっと前までは、マゼやうっ子も空っぽになる時間はるる太とほぼ同じくらいでしたが、彼らはすぐに食べてしまうと、朝までおいしいものはないと気がついたのか、なんとなく加減をしながら食べているみたいな感じがします。ペレットをちょっと食べて、牧草をハグハグとか。
でも、るる太はちっとも変わることなく、大好きなペレットが配給されると、顔もあげずに必死に食べます。そして、いつの間にか、自分のだけな~んにもない状態に。
彼こそ我が家の早食いキングです。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
切なくて・・・
2006-03-07 Tue 23:19
ご飯タイムでもうるさいのは女子。
マゼは、外見に似合わず男らしくて、お腹がすいていても「ボクは全然、すいてません」みたいな風にしています。
るる太は・・・彼は、ちょこんと座って、ただじっと眼差しを向けてきます。
そんなことされると、一番にでもあげたくなる私。
すると、それを察したのか、今まで知らん顔だったマゼがそわそわしだして・・・。
誰に最初にあげればいいか、毎日、心の中で葛藤しています。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あいも変わらず直進型
2006-03-06 Mon 00:02
子供の頃から、らら美は直進ですすんできます。
たとえ、目の前に何があっても・・・。
彼女をブリーダーさんの元へお迎えに行った日は、思い切り猫を踏んづけて進んでいました。
そして、今、彼女は私たちに向かって猛進してきます。
ついさっきも、左足に体当たりされました。
しかも、その後、方向転換した彼女は私の右足を思い切り前足でガリガリ。
右も左もらら美の被害にあったのです。
小さい(人間と比べてということですが・・・)からだながらも、迫ってくる姿は迫力満点。
また、信号無視で走ってくる車のようにも見えます。
だから、我が家は彼女による交通事故が絶えません。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
うっ子の新しい遊び
2006-03-05 Sun 23:46
うさんぽタイムの時、るる太とうっ子はケージに戻されるのがいやで、
私の側になかなか寄ってきてくれません。
遊んでいるのはケージの置いてある部屋がメイン。
でも、うっ子は時々、私たちの目を盗んで、玄関まで探検に行きます。
そして今日、彼女は新しい遊びを覚えました。
それは、こたつの中を通って向こう側へいくこと。
別に向こうに行っても、何もないんだけど、何故かそれがとても気に入ったよう。
そのおかげ(?)か、側まで来てくれるようになりました。
が、それはあくまでもこたつの側に私たちがいるから。うっ子の目には単なる邪魔者としか映っていないよう。
そして、向こうから戻ってくるときが大変。同じようにこたつの中を通ればいいものを、こたつの上に飛び乗ってこっちに帰ってきます。
行きのルートと帰りのルート、うっ子なりのこだわりがあるのかもしれません。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
怒ってます!!
2006-03-04 Sat 22:55
夜はうさぎーずのうさんぽタイム。
マゼは新入りのマゼは一番最後です。
みんな約1時間ぐらい、狭い我が家を走り回るのですが、昨日、
ちょっと出かける用事があって、マゼのうさんぽが30分くらいになってしまいました。
すると・・・すごく怒っていました。
うさんぽ後のリンゴを差し出すと、口にくわえてポイッ。
それを拾おうとしたら、カプッ。噛まれてしまいました。
怒りはその後も続き、朝、食器を見るとペレットが残っていました。
こんなこと初めて・・・。
怒りすぎて、食欲もわいてこなかったのかも。
今朝、イレギュラーに午前中うさんぽタイムを実施。
そのおかげか、とっても機嫌がよくなり、見事完食。
いつもの彼に戻りました。
よかった。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
るる太への疑惑
2006-03-03 Fri 16:16
うっ子はかなり体型がらら美に似てきました。
が、るる太は・・・。
パパうさとも似ていないし、らら美にもあまりにていません。
というか、彼はとてもモコモコしています。見方によってはコロコロしています。
そして、何より手足が短いような・・・。
手が短いのは穴うさぎを祖先に持つうさにとっては当たり前。
でも、るる太はその中でも特に手が短いように見えてしまうんです。
彼が走ると、決して颯爽とはいえません。
ぴょんぴょんとも言い難い。
ポコンポコンという感じでしょうか・・・。
別窓 | うさぎの話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
また始まった・・・
2006-03-01 Wed 00:06
うっ子は時々大人の女性になります。
それは、春~。
今がその時期。クッションをやたらと噛んですごいことに。
前回は、そのあたりにあるものを口にくわえて運んでいました。
そして、胸の毛を抜くこともちゃんとやっていました。

今回は以前ほどではないような気がするけど、
でも、夜中にこっそり毛を抜いたりして・・・。
やっぱり毛球症が怖いです。
別窓 | うさぎの話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| みみ~ずだより |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。